スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きな場所①

先週末、土曜日に実家で用事があったので、熊本に帰りました。
その用事のことは、また次回

金曜日、学校が終わって即帰省。
5時頃には着いたので、前働いていた病院に行ってみました。


門を入ると見慣れた景色。
当たり前だけど、何ひとつ変わってなくて。
でも、たった2ヶ月半ぶりなのにものすごく久しぶりに感じた。


働いていたのは、1年2ヶ月という短い間
だけど、思い出はたくさん。

私のこれからの将来に、大きな影響を及ぼした場所でもある。





はじめて病棟に上がった昨年の2月。

初日、予想外にバスが遅れて、さらには腹痛起こして
始業10分前に行かなきゃいけなかったのに、始業時間ぴったしに着いて。
しょっぱなからやらかした~・・・って凹んでたっけな。


ドクター・ナースばっかりの中に事務ひとり。
最初は本当に怖かったし不安だった。

でも、だんだん慣れてきて
みんなとも少しずつ打ち解けて。
飲み会にもよく誘ってもらえるようになって。
夏には医局旅行にも行かせてもらった。
秋にはバレー大会にも出させてもらった。
冬には忘年会で、みんなでキューティーハニーを踊ったりもして。

それに、思えばあの頃は、先生たちの飲み会に行ってはただ飲み・・
幸せだったなぁ(笑)








「大学受験します」

師長さんに、そう告げた今年1月末。



前の学校を辞めたときの事情も知ってる師長さんは
「よく決めたね。よかった。本当によかった。」
って、少し涙目になりながら言ってくれた。



まぁその後は「きまさんいなくなったらどうしたらいいの~!!」って嘆いて
さらには「・・・落ちたら、辞めない?あぁでもきまさんなら受かるよね・・」
「看護師になってほしかったぁ~今からでも遅くないよ!看護学校受験しない?」
なんて言ってたけどさ(笑)




仕事辞めること、徐々にみんなが知って。

それからは毎日のように
「しつこいけど・・・・ほんっっっとーに辞めるの!?」
「春からもいるよね!?辞めないでよ~!!」
と言ってもらえて。




同じ事務の人、違う部署の人、先生、看護師さん、助手さん
患者さん、秘書さん、薬剤師さん・・・


なんだかいろんな人が寂しがってくれていたみたいで。






1年で、いろーんな人と知り合って
そして、信頼をもってもらえていたんだなぁと
すごくすごく嬉しくなった。



昨年の2月から、病棟へ入った事務の中で残っているのはわたしだけ。
他はみーんな辞めてしまって、新しい人が入ってる。
それを師長さんや看護師さんたちは、すごいよねって言うけど
わたしがずっとあの場所にいられたのは
そこにいたみんなのおかげだと思ってる。


本当に、尊敬すべき人ばかりだった。
とってもいい人ばかりだったんだ。







3月。
いっぱい送別会があった。
診療科全体の。その中のグループ毎の。



そして、辞める3人の看護師さん+わたしの送別会。

泣いちゃいそうだなーって思ってたら
案の定、号泣だった。


挨拶をしなきゃいけなかったんだけど
辞める3人の看護師さんたちの挨拶でまずもらい泣き。。
3人ともうちの病棟が長かったのもあってか
3人とも泣いて。みんなも泣いて。

そんな後だから・・
「すみません、涙腺ゆるくって・・」といいながら、大泣きしながらの挨拶。
わたし何話しとるんかようわからんかった(笑)
でも、ありがとうをいっぱい言った気がする。



師長さんから、辞めるわたしたちへのお話では
いろいろ嬉しいことばをもらった。
本当に嬉しかった。

DSC01140.jpg





そして、3月29日。
仕事最終日。


今日が最後なんだなぁって思うけど
全然実感がわかなかったのを今でも覚えてる。
また明日も普通に朝出勤しそうな、そんな感じ。
みんなからも「明日も出てくるよね?」って言われたっけな(笑)



お昼過ぎ。
親切にしてもらった薬剤師さんから、突然紙袋を渡されて。



なんと、プレゼント。
そしてお手紙。

まさかのできごとで本当にびっくり。
嬉しすぎて、控え室に置きに行ったときに涙が出た。




夕方。
最終日だし、あれもこれもやっとかないと
と、いつもより遅くまで仕事してたら
ナースステーションの前に、他の病棟の事務さんたちが。

出ていってみると、みんな来てくれてて。
なかなか戻ってこないから、上がってきてくれて。
花束をもらっちゃいました。


DSC01138.jpg




こんな風にしてもらえるのは
きまさんの人徳ね。

そう、師長さんたちから言われた。



帰りは、ちょうど居合わせた先生たち
そして看護師さんたちがエレベーターまでお見送りしてくれた。









自分で言うのもなんだけど
ここまで、みんなと仲良くなれて。
そして、頼りにされるようになるとは思ってなかった。


先生たちは、
「きまさんは仕事がはやい。頼りになる。」
「きまさんに聞けば、何でもわかるって思ってつい甘えちゃう」
なんて嬉しいこと言ってくれて。


ある先生は、「うちの実家の病院に来てほしい」とも言ってくれた。


師長さんからは、やっぱり看護師になってと言われ(笑)
看護師さんたちからも、「きまさんなら、看護師いいよね!」と言われ。





本当に、感謝の気持ちでいっぱい。
素敵な人たちに出会えてよかった。



嫌なこともたくさんあった。
理不尽に怒られたこともあった。
悔しくて先生の前で泣いてしまったこともあった。


でも、ちゃんとみんなと向き合って
一緒に仕事をすることができてよかったなぁって思う。
ちゃんとやれてたかはわかんないけど
頑張ってきてよかったなって思った。




*  *  *  *  *

えぇと・・何かえらい長くなってしまいました汗
でもこの話まだつづきます。ごめんちゃいぶー
スポンサーサイト

comment

「No subject」

さっちゃん #- URL 
なかなか周りからこう思ってもらえるコトってなよねぇ。
きまちん幸せ者やねぇ( ´`)ムププi-80
きまちんだけんやろねぇi-184i-184

いっぱい学んで、自分も大きく成長しただろうし
素敵な財産の1つになったねぇ!!!
周りから、期待されて必要とされて本当よかったねぇi-278ウンウン

テストにレポートに大変だろうけど、
カラダ壊さんようにねぇi-235i-200

「No subject」

さやか #- URL 
なんだかほんわかじ~んとしてしまうょv-22
病院で働くって言ってたとき、そういえばへこんでたな~とか、引継ぎのとき大変だったっけな~って思い出したi-239

でも、尊敬できる人たちと仕事ができて、
そしてそういう人たちから惜しまれるきまちん。

みんな別れるときは寂しかったはずだけど、きっときっと応援してくれてるよねi-189

学校はどう??
忙しそうだけど、無理しないようにねっ!

「*さっちゃんへ*」

さっちゃん*fromきま #- URL 
ほんと幸せだったあ~i-80

もうこんなに必要とされることって
ないんじゃないかって思うくらいだよi-88
ただ、今回の職場が良すぎたけん、次が怖い・・・i-282
今度こそ、女ばっかの職場だもんなぁi-203


体調には気をつけて日々頑張りまっす☆
ありがとー!

「*さーぴーへ*」

さやか*fromきま #- URL 
いやぁ・・・いろいろあったねぇ。これまで。
職場でも何かと大変なコトもいっぱいだったけど
今思えばそれも含めてぜ~んぶいい思い出だわ。

幸せな時間が過ごせて、ホントよかったi-189


学校は忙しいけど、元気にしとるよんi-185
早く卒業して働きたいなぁ~i-203

秘密にする

trackback

TOP
Kima*

きま

Author:きま
九州在住。
よく食べ、よく笑い、よく寝る子。

24歳にして大学1年生★
10代と格闘中。
プチ遠恋卒業して
現在彼氏と同棲中デス。
詳しくはココ

Photo*

Index*
Category*
Archiveα+Daycount*

ブロとも申請フォーム
Comments*

Blog list*

Link*



メールを読んでクリックするだけ☆
無料登録でお小遣いup!
何気に貯まります。

Search*

Mail*

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。